チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

銀行でチャイナドレスはいかが?(260号)

カテゴリー: 北タイ散策 | 2014.02.11 Tuesday

 

中国正月の期間、
街中の何箇所かで色鮮やかなチャイナドレスを着て、
仕事をしている人たちを見かけた。

スーパーのフードセンターのビール売り場では、
ただでさえ派手な化粧のPG(プロモーション・ガール)のお姉さんたちが
さらに派手なテカテカの真紅の衣装に身を包んで、
忙しそうにビールをつぎ回っていた。
こんな麗しき女性が近くに寄って来たら、
ついつい鼻の下を伸ばして条件反射的に
「もう1杯!」と言ってしまいそうだ。
まあ、これなどは商売上の「季節限定サービス」だから想定内。
別段、驚くには当たらない。

想定外だったのは、
日頃、利用している銀行のある支店に足を踏み入れたときのこと。
いつもなら地味な制服を着ているはずの女性職員の皆さんが、
スリットの入ったセクシーこの上ないチャイナドレスで
ニッコリ出迎えてくれるではありませんか!?

チェンマイの銀行や役所などでは、
タイ正月ソンクラーンが近づくと、
北タイの藍染木綿服モーホームを着るのが定着しているが、
中国正月にチャイナドレス姿の銀行員を見たのは初めて。
タイの銀行は華人経営がほとんどだとはいえ、
支店長さんの大胆な「業務命令」に拍手パチパチ!
お堅い職場での粋なコスプレ・サービス(?)に中国正月の甘美な初夢を見る思いがした。(高橋 敏)

 

 

北タイ散策 | Top