チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< クーン(漆)とクーン(恥ずかしい)(163号) | 最新 | 「気持ちの良いカフェの巻」(164号) >>

(8)ローゼル(グラチアップ) (163号)

カテゴリー: 北タイの食材を味わう | 2010.01.25 Monday

 

グラチアップ

ハイビスカスに少し似たローゼル(タイ語:グラチアップ)の花。
見ても楽しめるのですが、
花が咲いた後のガクは乾燥するとハーブティーとして味わうことができます。
タイでは乾燥させたものが市場などで簡単に手に入りますが、
日本でも沖縄や物産展で時々見ることができるようになりましたね。
ローゼルは喉の渇きを癒し、リラックス、疲労回復に効果があります。
北タイは湿気が少ないので、
美容効果が高いローゼルは女性にぴったりの飲み物です。
それに煮出すとルビーのように澄んだ赤い色の飲み物になり、
幸せな気持ちにもさせてくれます。
王宮では、国賓をおもてなしする際に、ローゼルティーが出されるそうです。
今回は、クレオパトラも美貌と若さを保つために常飲していたといわれる
ローゼルをミルクティーにしてみました。

ローゼル・ミルクティー
ローゼル・ミルクティー
【材料】
牛乳   200cc
乾燥ローゼル 7〜8個
グラニュー糖 200g

【作り方】
(1)水500mlを沸かし、乾燥ローゼルを煮出す(A)。
(2)(A)150mlとグラニュー糖を中火で5分ほどに詰める(B)。
残りは製氷機に入れて凍らせる(C)。
(3)グラスに氷(C)を入れ、シロップ(B)、最後に牛乳を注ぎ入れる。
赤いルビーの色と牛乳の白とのコントラストが、なんとも言えないでしょう!

(by ひろみ・ルアンクナロム

 

北タイの食材を味わう | Top