チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 道なき道を行く(165号) | 最新 | パック・ペット(165号) >>

大きなカブ? マンケーオ

カテゴリー: 気になる食べ物 | 2010.02.25 Thursday

 

マンケーオ
薄い茶色をしたカブのようなものを市場で見かける。一見野菜のようだが、果物売り場やカットフルーツ屋台にあり、タイ人は主に果物として食べている。
これはマンケーオ(ヒカマ)というもので、クズイモ属、マメ科に属す。

マンケーオの皮の剥き方
薄くて破けてしまいそうな皮は意外と丈夫で、繊維に沿って手でシュッと剥ける。梨と大根を併せたようなシャキシャキ感と水分があり、ほんのり甘い。日本人からすると、「フルーツでなく、やっぱり根野菜系の味だな」と感じるかも。9月頃から出回るが、乾期のほうが甘味が増すそうだ。(岡本)

 

気になる食べ物 | Top