チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 大きなカブ? マンケーオ | 最新 | うら若き女性がお経を読むとき >>

パック・ペット(165号)

カテゴリー: 北タイの食材を味わう | 2010.02.25 Thursday

 

パックペット
ブーケにしたくなるような可憐なパック・ペットの花。
スーパーマーケットでは見かけませんが、市場に行くとあちこちで売っています。
北タイの人たちはパック・ペットをカレーにしたり、
湯がいてガピ(エビ味噌)につけたりして食べます。
独特の苦味がありますが、火を通すと苦さがなくなって食べやすくなります。
解熱や鎮痛効果があるそうです。
今回はパック・ペットの葉と花をいろいろな野菜と混ぜてちぢみにしてみました。
野菜はなんでもいいですので、この機会に冷蔵庫の大掃除をしましょう。
私はキャベツ、大根の皮、人参、レタス、赤ピーマンを入れてみました。

パックペットのちぢみ
パック・ペットのちぢみ
【材料】
パック・ペット   適量
キャベツ、大根の皮、人参、レタス、赤ピーマン 各適宜
薄力粉 大匙1、卵 1個、出汁 適量
餃子のタレ 適宜

【作り方】
.僖奪・ペットは葉と花を摘んでボウルに入れる。
⊃べやすい大きさに切った野菜、薄力粉、出汁を,貌れてよく混ぜ合わせる。
Gしたフライパンにサラダ油を大匙1流し入れ、△鯑れる。
の礁未焼きあがったら最後に溶き卵を入れて焼く。
ゾ討あがったい鬚泙僻弔両紊播当な大きさに切り分け、
餃子のタレをつけて召し上がれ。
※ジャガイモを入れてもおいしいですよ!

(by ひろみ・ルアンクナロム

 

北タイの食材を味わう | Top