チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< パック・ペット(165号) | 最新 | 天気予報士のタマリンド    >>

うら若き女性がお経を読むとき

カテゴリー: 写真は語る | 2010.02.25 Thursday

 

写真は語る
旧正月のヤンゴンの中国人街。新年を祝うお飾り用品を売っている店があちこちで目についた。ある店をのぞいてみると、店頭の若い女性がボロボロの小冊子を手にして真剣なまなざしで読んでいる。しかも、ノートに何やらメモまで書き込んでいる。「学校の宿題でもしているのかな?」と思って訊いてみたところ、その本は仏教の経典だという。なるほどよく見れば、ノートの上に数珠が…。
同じ仏教国でも、今時のタイにこんな娘は滅多にいない。仕事の合間に手にするのは、せいぜい暇潰しの漫画本かくだらないゴシップ雑誌ぐらいだろう。表情や眼差しにしても、やたら愛想はよくても(まあ、愛想がよいだけでも十分なのだが)、この娘のような凛としたものに欠ける。
そう言えば、以前、バガンのゲストハウスに泊まったとき、夕方になると日課のように、近所の民家から若い女性たちの読経の声が聞こえてきたっけ。(高橋 敏)

 

写真は語る | Top