チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< うら若き女性がお経を読むとき | 最新 | トゥアナオ(166号) >>

天気予報士のタマリンド   

カテゴリー: 気になる食べ物 | 2010.03.10 Wednesday

 

マカーム
チェンマイ花祭りの頃になると出回るのがタマリンド(マカーム)。
土色の乾いた殻を手でバリバリっと割ると中からねっとりした茶色の実が出てくる。
酸味があるものは料理に使うが、甘いものはそのまま食べる。
ドライフルーツのような凝縮された甘味の中に酸味がある。

マカーム・テート
前述のタマリンドより殻が柔らかく、ピンクを帯びた黄緑色のはマカーム・テートというもの。
この頃チェンマイのスーパーでも見かけるが、ちょっと豆臭さが残る、甘くて素朴な後をひく味だ。
タマリンドの木はその辺に結構生えているので、空を見上げると鈴なりになっている実を見つけられる。
真っ直ぐのものと、ちょっと曲がったもの、ぐるんと丸くなったものなど様々だが、丸まっているとその冬は寒くなるとか。
さて、今年の冬はいかに?! (岡本)

 

気になる食べ物 | Top