チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 甘酸っぱい思い出(167号) | 最新 | 「ライバル!の巻」(168号) >>

タオ(168号)

カテゴリー: 北タイの食材を味わう | 2010.04.10 Saturday

 

タオ
きれいな河の流れの中にゆらゆらと揺れている河海苔。
ラオスのルアンナムターンで見た時、きっと食べられるんだろうなと思ったのは、たぶん私が住んでいた湘南の江ノ島で似たものを見た記憶があったから。
北タイの人たちは、このタオをヤム(サラダ)にして食べます。
田んぼにいる蟹を茹でて、さっと湯がいた河海苔をドレッシングと一緒に和えるそうです。
店のスタッフは各自食べ方が違うようですが、中には釣りの餌にもする人もいました。
味はと言えば、海苔独特の生臭さもなく、味がないといった方がいいかも知れません。ただ、舌触りが独特で、トロッとしています。
1度お試しあれ。 

海老とタオの揚げ餃子
海老とタオの揚げ餃子
【材料】 (4人分)
海老 8尾、タオ 適宜、餃子の皮 8枚

【作り方】
ヽは靴惑慊欧鮗茲蝓内側に曲がらないように包丁を入れる。
海老にタオを巻きつけて、軽く塩、コショウをふる。
△鴆子の皮にのせ、二つ折りにする。
っ羃个罵箸欧襦
ゴ錣棒垢衂佞院△好みで塩又はしょう油をつけて、マスタードと一緒に召し上がれ。

(by ひろみ・ルアンクナロム

 

北タイの食材を味わう | Top