チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 「新製品発表!」 (169号) | 最新 | ラームヨー >>

焼き筍(169号)

カテゴリー: 北タイの食材を味わう | 2010.04.25 Sunday

 

筍
日本ではゴールデンウイークのシーズンになると筍が出回ってきますが、こちらでは一年中食べられます。
といっても、美味しい季節はやっぱり雨後の筍と言われるこれから季節です。
バンコクでは決して見られない、炊かずに掘り立てを焼き上げた筍がチェンマイの市場には並びます。
どうやって食べるのかおばちゃんに聞いたら、「このまま、唐辛子ペーストにつけてもいいし、カレーに入れても美味しいんだよ」と教えてくれました。
この唐辛子ペーストも興味深かったので、今後このコラムでご紹介しますね。

酸ラータン
酸ラータン  
【材料 】
焼き筍 3本、人参 1/4本、長ネギ 1/4本、玉ねぎ 1/2個、卵 1個
鶏肉(好みの部位) 150g、水 1リットル

【調味料】塩 粒コショウ 各適宜、酒 大3、砂糖 小1、酢 大1、ラー油 大1(最後にかける)

【作り方】〔邵擇呂修譴召貂拈擇蠅棒擇襦
鶏肉を水で流しながらよく洗う。(これは、とても大切!)
F蕕膿紊鮗冦たせ、鶏肉を入れる。脂が浮いてくるので丁寧に取る。鶏肉に火が通ったら取り出して、手で裂く。
きに,量邵擇鉢の鶏肉を入れる。野菜に火が通ってきたら調味料を加えて味を調える。
ズ埜紊僕呂卵、ラー油を流しかける。器に取り分けて刻みパセリをパラパラと振りかけたら出来上がり。
*調味料はあくまでも目安ですので、それぞれご家庭の味付けで、召し上がれ。

(by ひろみ・ルアンクナロム

 

北タイの食材を味わう | Top