チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 「天国と地獄」(173号) | 最新 | 「すずめの子が来たの巻」(174号) >>

ぜんまい(173号)

カテゴリー: 北タイの食材を味わう | 2010.06.25 Friday

 

ぜんまい
形が可愛いこともあってか、ぜんまい(パクート・コーン)はタイ人にも好まれていて、地元の人たちは、湯がいてナームプリック・カピ(えび味噌)につけて頂きます。
先が丸まって入るところは、日本のぜんまいと似ていますが、茎は少々硬く細身なところが南国のぜんまいといったところでしょうか。
ぜんまいといえば、日本では炊き込みご飯、おひたしと日本ならではの頂き方がありますが、今回は「山形のだし」の中に加えてみました。
冷やした「だし」ぜひ、お試し下さい。

山形のだし
山形のだし
【材料】
パクート・コーン、きゅうり 1本、なす 1本、おくら 5本、みょうが 1個
めんつゆ 適量

【作り方】
 〔邵擇呂垢戮討△虍塵切りにする。
◆…缶N舛鯑れて混ぜる。
 冷蔵庫で2時間ほど冷やして2〜3回混ぜる。
ぁ,竿咾篶篥曄∩婆佑砲けて召し上がって下さい。
 
(by ひろみ・ルアンクナロム

 

北タイの食材を味わう | Top