チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 「象」と「チェンマイの若者」 | 最新 | こんなサンタに誰がした!? >>

煮こごり(186号)

カテゴリー: 北タイの食材を味わう | 2011.01.10 Monday

 

 豚肉の煮こごり

友人から頂いた『豚肉の煮こごり』。彼女が妊娠中に好んで頂いたという、チェンマイに来て初めて知ったこの一品は、とても新鮮でした。お店のスタッフに聞いてみると、一昔前は、豚肉から出る「ゼラチン」だけで固まったようです。今は寒天を加えているんだそうです。寒い季節に入った北タイならではのこの品は、『お袋の味』とでもいいましょうか。日本の煮こごりは、アジア大陸から伝わったのかなと、その昔のことを考えると、不思議な魅力にとらわれるのは、私だけでしょうか? 
 
豚肉に味が染み込んでいるので、お豆腐にわかめ、長ネギ、ごま、それにラー油をかけて召し上がって下さい。酒の肴にも合いますよ。

豆腐と煮こごり 

煮こごりと冷奴のラー油がけ

【材料】
煮こごり 1個、豆腐 1/4丁、わかめ 一掴み、長ネギ 1/4本、ゴマ 一掴み、ラー油 大匙1

【作り方】
 煮こごり、豆腐は食べやすい大きさに切りそろえる。
 わかめを1僂らいに切り、長ネギは小口切りにする。
 器に,鮴垢蠅弔院△錣め、長ネギを添える。
 ゴマを散らして、ラー油を全体にかけて召し上がれ。

by ひろみ・ルアンクナロム

 

北タイの食材を味わう | Top