チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 写真展へ行こう!(190号) | 最新 | ナームプリック・ヌム(191号) >>

ソンクラーンで象と遊ぼう♪ (191号)

カテゴリー: メータマンからCHANG通信(象使い) | 2011.03.25 Friday

 

初! 象さんとソンクラーン」の時。懐かしい!
 今年もまた暑い夏がチェンマイに訪れようとしている。エレファントホームではまだまだ朝晩冷えるが、フリース2枚重ねだった寒い季節ももうすぐ終りを迎えるようだ。最近は気温もそこまで下がらず朝晩でも長袖一枚ほどで十分になってきている。

チェンマイにいるのに暑いのがあまり得意ではなく、スタミナのない私にとって、この暑い時期が来る度に少し憂鬱になってしまう。日本に桜を見に帰りたいなぁ〜などとついつい思ってしまうのだ。余談だが、私はタイ料理が大好きでチェンマイに住んでから5キロも太ってしまったが、幸い(!?)にもこの暑い時期が来てくれるおかげで、食欲が激減し、屋台でタイ料理を食べれば食あたりになるという始末で、体重は1年を通してプラスマイナスゼロになる時期でもあるのだ。

夏バテをする私でも象に会うと我を忘れてはしゃいでしまうので、熱中症になりかけエレファントホームの象使いやスタッフたちに迷惑をかけることがしばしばあった。しかし、私は学習能力がないようで同じ事を繰り返す始末。

そんなこんなで、苦い経験が多くある暑季なのだが、こんな季節でも一つだけ楽しみなことがある。それは、「ソンクラーン」という特にチェンマイでは毎年盛大に行われる水かけ祭りだ。市内でもかなり盛り上がるので楽しいのだが、私にとってメータマン界隈のソンクラーンは格別である。なぜならば象と一緒にソンクラーンを楽しめるからだ。象好きの人もそうでない人も一度は体験していただきたいものだ。いつも象は川で水浴びをしているから、象にとってみても象使いにとってみても、そんなに特別な事をするわけではないのは事実だ。しかし、一日中大好きな水浴びができるわけだから、ソンクラーンは象にとってもとても嬉しい行事ではないかと私は勝手に思ってしまう。
 というのも、ソンクラーン以外にチェンマイで有名な「ローイクラトン」という行事が11月にあるが、象にとっては苦手だろうと思う。コムローイという熱気球を空に飛ばしていくのだが、象からしてみれば、熱気球は怖いものらしく、エレファントホームの象たちもいまだに慣れずにいる。実は象と一緒に熱気球を飛ばしたらどんなに楽しいだろうと勝手に考えて始めた「象さんと一緒にローイクラトン」もまだ上手く形にならないでいるのだ。


2.	川の中では象はいつもソンクラーンモード!
 その半面、ソンクラーンは象に無理強いをすることなく楽しめる行事なので毎年気軽にできる。何よりも参加者全員が子供の様に(もちろん本当の子供もいるのだが)象と一緒にはしゃいでソンクラーンを楽しみ、初対面の人でも意気投合してソンクラーンを満喫するのがいい。皆が満たされた表情で日本に帰っていく姿をみるとやってよかったと毎年思う。今年も一昨年・昨年に引き続き「象さんと一緒にソンクラーン♪」を行うべく、着々と準備をしている……と言いたいところだが、スタッフはタイ人。なかなか計画が前に進まないのが現状だ。

今年予定しているのは、4月13日から15日の2泊3日。もちろん、一日のみの途中参加でも、2泊以上したい人も大歓迎だ。この計画を一緒に考えている象大好き仲間のまりとも「初! 象さんとソンクラーン」で出会ったのだが、13日から長く象キャンプに入り浸る計画を立てている様なので、一人で参加するので不安だという人も彼女がいるので安心できるのではないかと思う。

13日当日は、市内でピックアップを終えてから、市場で象のためにすいかやパイナップルを購入し、ソンクラーン使用の水鉄砲などを揃えて、象キャンプへ向かう。象キャンプに着いたら、早速、象使いの衣装に着替え、いよいよ象さんとソンクラーン満喫プランだ。近々、ブログにも詳細を書いていくので気になる人はぜひチェックしていただきたい。

毎年参加してくれる人、今年こそは参加したい人、一度ぐらいは象と一緒にソンクラーンしてみようかなと思っている人など、だれでも大歓迎です。興味ある人はメールでも電話でも遠慮なくどうぞ!



 お知らせ

「象さんと一緒にソンクラーン♪」ツアーを2泊3日ほどで考えています。
興味のある方は連絡下さい! 
エレファントホーム:elephanthome@hotmail.co.jp 08-4489-9687(日本語) 
 (by なお) 

 

メータマンからCHANG通信(象使い) | Top