チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< セアカスズメ (195号) | 最新 | 生卵が食べたいの巻(196号) >>

クロラケットオナガ(196号)

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2011.06.10 Friday

 

クロラケットオナガ

野鳥 ノック・ガー・ウェーン

和名 クロラケットオナガ

英名 Racket-tailed Treepie

学名  Crypsirina temia

 

クロラケットオナガはチェンマイの山地、または山地に近い平地の林などで時折見かける30センチくらいの野鳥で、木の枝の中に隠れていることが多くて、全身の揃った(欠けた部分のない)写真を撮影できるチャンスはなかなかありません。

この写真が撮れた時には、初めてクロラケットオナガに出会ってからずいぶんの月日がたっていました。オウチュウといっしょに群になっているのを見かけることもありますが、

どちらも真っ黒なので、ちょっと見ただけでは区別がつきにくいです。

クロラケットオナガはスズメ目カラス科、オウチュウはスズメ目オウチュウ科なので近い種類ではないと思うのですが、習性がよく似ているのでしょう。

全身が光沢のある黒で、目は青みがかったグレーと、まるで黒いロングドレスをまとった貴婦人のような上品な感じがします。オウチュウも、そう云う感じがありますが、このクロラケットオナガには及ばない感じです。


文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top