チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< クロノビタキ (198号) | 最新 | オオスズメフクロウ (199号) >>

赤い大根 (198号)

カテゴリー: 北タイの食材を味わう | 2011.07.10 Sunday

 

赤い大根

ジトジトした梅雨にお目見えする、赤い大根。この季節に濃いピンクの色はなんとも嬉しいですね。
 味は、普通の白い大根と同じで、残念ながら赤だから特にということはないのです。

山岳民族の人たちに、「名前は?」と聞くと「赤い大根」と。特別な名前があるのかと、ワクワクしていた私に、すんなりと言ってのける。いいな〜この空気、と、思わず笑いがこみ上げてきました。

赤い大根のステーキ 
赤い大根のステーキ

【材料】 (2人分)
赤い大根 2切れ
A酒 大3、しょう油 大2、砂糖 適宜、だし汁 100cc、鰹節 適宜、サラダ油 大1

【作り方】
    大根は洗って、人数分を切ったら2、3時間陰干ししておく。
    大根に網目状の切り込みを入れる。
    熱したフライパンにサラダ油大1を入れて、△梁膾を入れて両面をきつね色に焼き、(A)を加えて中火で2、3分焼く。
    焼きあがったら、鰹節をかけて召し上がれ。  

 by ひろみ・ルアンクナロム (日本料理屋「ジガンティア」協力)

 

北タイの食材を味わう | Top