チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ハトを見るの巻 (198号) | 最新 | パッションフルーツ(199号) >>

オオスズメフクロウ (199号)

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2011.07.25 Monday

 

オオスズメフクロウ

和名 オオスズメフクロウ

英名 Asian Barred Owlet

学名 Glaucidium cuculoides

 

タイではフクロウの仲間は数も種類もあまり多くないようで、私が今までに見かけたことのあるフクロウはこの種類が唯一です。

体長23センチほどの小型のフクロウで、山すその林の中などで時折見かけます。

手元の資料によると、「渡り」はせず、平地から高度1800メートル位のところに生息するとのことですが、今まで高度のある山の中で見かけたことはありません

この写真は、3年ほど前に、ドイステープの上り口にあるフエイケーオ滝からちょっと奥に入ったところで撮影しました。頭だけをぐるっと回して私の方を見ています。



 文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top