チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ルークラーン (201号) | 最新 | こんにゃく (202号) >>

アカハラシキチョウ (202号)

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2011.09.10 Saturday

 

JUGEMテーマ:ペット
アカハラシキチョウ

和名 アカハラシキチョウ

英名 White-rumped Shama

学名 Copsychus malabaricus

 

 22センチくらいの留鳥で、名前のとおりの濃いオレンジ色の腹部、長い尾と、尾に近い背中にはっきりとした大きな白い部分がありますので、識別は容易です。

 複雑なメロディの長いフレーズを繰り返す特徴的な鳴き声で、近くにこの野鳥がいることがわかることが多いです。山に入るとしばしば見かけますので、山歩きの好きな方なら何度も出会っていることでしょう。

 しかし、この野鳥は薄暗いところにいることが多い上に、割と用心深くて人の気配を察するとすぐに飛び立ってしまうので、撮影ということになるとチャンスはなかなかやってきません。初めてこの野鳥に出会って以来、この写真が撮れるまでには何度も失敗を積み重ねていましたが、ようやくこの日、幸運に助けられてこの写真を撮影することができました。

 
 文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top