チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< オナガサイホウチョウ (204号) | 最新 | いきなり高級ホテルのロビーでショータイム!? (205号) >>

ミヤマヒメアオヒタキ (205号)

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2011.10.25 Tuesday

 

 ミヤマヒメアオヒタキ

和名 ミヤマヒメアオヒタキ

英名 Hill Blue Flycatcher 

学名 Cyornis banyumas

 

チェンマイ近郊の山中でときおり見かける体長15センチほどの青いきれいな野鳥で、ヒタキ科に分類されます。渡りはしないようです。

ただ、ブルーできれいなのはオスだけで、メスは目立った特徴がないので、識別はなかなか難しいです。

日本で青い鳥の代表格のオオルリも同じヒタキ科ですが、オオルリの方が一回り大きいようです。オオルリもやはり青いのはオスだけです。

タイでは、他にも青いヒタキは何種か居るのですが、チェンマイ周辺で見かけるのは殆どがこのミヤマヒメアオヒタキです。

長いフレーズを繰り返す特徴的な鳴き方で存在に気づくことが多いです。

それほど珍しい野鳥ではないのですが、いつも森や林の中などのあまり明るくないところに居ることが多いので、写真の撮影はなかなか容易ではありません。

今回の写真は、珍しく森の中の少し開けたところに出てきてくれた時に撮影させてもらいました。

 文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top