チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 「冷やすか温めるか」 の巻 (207号) | 最新 | デコポン (208号) >>

オオルリチョウ (208号)

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2011.12.10 Saturday

 

オオルリチョウ

和名 オオルリチョウ

英名 Blue Whistling Thrush

学名 Myiophoneus caeruleus

 

ハトくらいの比較的大きな体(33センチくらい)で、青い体に白い小さな斑点、黄色いクチバシなどの特徴が映える、なかなかきれいな野鳥です。

渓谷のようなところ、つまり谷川沿いの岩場や洞窟の入り口付近などで時折見かけるものの、あまり一般的な野鳥とはいえないように思いますが、チェンマイではフアイケーオ滝の岩場でしばしば見かけますので、「チェンマイの身近な野鳥」に含めても許していただけるのではないかと思います。

本によって「留鳥」と書いてあったり、「留鳥、または冬の間だけの渡り鳥」と書いてあったりで、本当のところはよく分かりません。

この写真は、2007年4月 チェンマイ市内フアイケーオ滝(ドーイステープの上り口の左側にあります)にて撮影したものです。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top