チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 花博でみる不思議日本 (209号) | 最新 | 今どきのチェンマイっ子 「ウクレレを弾きたい!」(210号) Ukulele >>

グラチアップ・デーン (210号) กระเจี๊ยบแดง

カテゴリー: 北タイの食材を味わう | 2012.01.10 Tuesday

 

グラチアップ

 以前も紹介したグラチアップですが、乾季の今、嬉しいことに生のものが市場に出回ります。
 タイの人たちは、ジュースにして頂くのが主流です。ジュースにして飲むと酸味が感じられますが、この酸味はクエン酸で疲労回復の働きがあり、最近ではアスリートの人たちがクエン酸入りドリンクを愛用されているようです。
 今回は、グラチアップのきれいなワイン色を利用して、大根を漬けてみました。



グラチアップの大根漬け
グラチアップの大根漬け

【材料】
生のグラチアップ(なければ乾燥) 一掴み、大根 1本、砂糖 好みで

【作り方】
   鍋に2リットルの水を入れ、生のグラチアップを中火で20分ほど煮る。
  ,鬚海靴萄重を入れ、冷ます。
  大根は縦半分に切り、△涼罎膨劼厩む。
  冷蔵庫で2、3日漬け込み、お好みに切り分けて召し上がれ。


 ひろみ・ルアンクナロム (日本料理屋「ジガンティア」協力) 

 

北タイの食材を味わう | Top