チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ここにいるにはワケがある (214号) photo scene | 最新 | ミント (214号) mint leaves >>

オニカッコー (214号) Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2012.03.10 Saturday

 

オニカッコー
英名 Asian Koel (Common Koel)
和名 オニカッコー
学名 Eudynamys scolopacea

 全長40センチほどのカッコーの仲間で、「渡り」はしません。タイでは最北部と東北部を除く全土に、広く生息しているようです。
 光沢のある黒い体、緑がかった濃い灰色のクチバシに赤い目が印象的ですね。この写真はオスですが、メスは色合いが全然違って、スズメのような茶色で白い点々の縞模様が全体に広がっています。
 チェンマイでは山林の中のみならず、平地の公園などにもかなりいるのですが、シャイな野鳥で全身を人目に晒すことはあまり多くありませんので、見たことがある、と仰る方は少ないかもしれません。
 尻上がりの「ケーーーーッ」という感じの独特の鳴き声が聞こえてきたら、この野鳥が近くにいます。
 この写真は3年ほど前にラーマ9世公園で撮影したものです。 

 文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top