チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 荒療治 | 最新 | ヒメクビワガビチョウ (221号) Bird Watching >>

ヤツガシラ (220号)

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2012.06.10 Sunday

 

ヤツガシラ
和名 ヤツガシラ
英名 Hoopoe
学名 Upupa epops

 世界中でヤツガシラの仲間はこの一種しかいないという変わった野鳥です。25〜30センチほどの大きさで、ポーポーという面白い声で鳴きます(英名のフーポーというのはこの鳴き声から来ているそうです)。
 写真では後ろの方に伸びている冠羽ですが、これは前方に向かって扇のように開くことがあります。平地でミミズや昆虫を捕らえて食べます。
タイでは全土で見られるようですが、私は今までラーマ9世公園とチェンマイ大学メーヒア学舎で数回見かけただけです。
 でも、「この鳥はゴルフ場でしばしば見かけるよ」と仰る方がおられましたので、チェンマイでも案外身近な野鳥なのかもしれません。
 ちなみに、ヤツガシラは日本ではめったに見られないそうで、この野鳥が現れたと言う情報があると、たくさんの野鳥ファンが殺到するそうです。
 
文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ) 

 

北タイの身近な野鳥 | Top