チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 自分の心に植林を (221号) Mahout Diary | 最新 | アリスイ (223号) Bird Watching >>

コシジロキンパラ (222号) Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2012.07.10 Tuesday

 

コシジロキンパラ
和名 コシジロキンパラ
英名 White-rumped Munia
学名 Lonchura striata

 コシジロキンパラは、シマキンパラと並んでタイではとてもポピュラーな野鳥の一種です。
 スズメとはかなり近い親戚で、模様はぜんぜん違いますが、大きさも体型もよく似ていて、タイ人でも、野鳥に興味のない人にコシジロキンパラやシマキンパラの写真を見せると、ほとんどの人が「スズメでしょ!」と言います。
 米や麦の仲間の野草(もちろん米も!)の実が大好きで、そういう野草に実がついたところに群になって集まって実を食べているのをよく見かけます。
 でも、チェンマイで稲の実ったところに集まる野鳥は、シマキンパラやコシジロキンパラ、それにノビタキやクロノビタキが主で、日本では米の害鳥として悪名の高いスズメが稲の実ったところに寄って来ているところはあまり見かけません。
 チェンマイにもスズメはたくさんいるのに不思議ですね。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ) 

 

北タイの身近な野鳥 | Top