チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ジャワハッカ (228号) Bird Watching | 最新 | オークパンサー (230号) manga >>

マクジャク(229号) Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2012.10.25 Thursday

 

マクジャク

和名 マクジャク
英名 Green Peafowl
学名 Pavo muticus

 マクジャクは主に中国からベトナムにかけて分布するキジの仲間の野鳥です。
タイの野鳥の本によると、タイでも野生のクジャク(マクジャク)はいるようですが、かなり少ないようです。
 この写真は、本年2月、ドイステープの山裾の林の中でたまたま見かけて撮影したものですが、純粋に野生の個体かどうか、につきましてはいくらか疑問もあります。
ところで、日本の動物園などでおなじみのクジャクは殆どがインドクジャクのようで、
ちょっと見にはマクジャクとよく似ていますが、よく比べてみると顔の配色や首の色など、かなりの違いがあります。
 ドイステープでは、2年ほど前にもクジャクに遭遇して撮影したことがあるのですが、
クジャクが突然目の前に現れた時はたいへん驚きました。
 その時の写真と今回の写真を並べて比較してみたらかなりの違いがあって、そちらはどうもインドクジャクだったようですが、インドクジャクはタイには生息していないようですので、どこかで飼育されていたものが野生化したものだろうと想像しています。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ) 

 

北タイの身近な野鳥 | Top