チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ローイクラトン祭り  (232号) | 最新 | スリン象祭り (233) Mahout Diary >>

アオムネハチクイ (233号) Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2012.12.25 Tuesday

 

ホオジロカンムリヅル

和名 アオムネハチクイ
英名 Blue-beared Bee-eater
学名 Nyctyornis athertoni

  35センチほどの大型のハチクイで、風貌はとてもユニークです。ドイステープの奥山ドイプイに行くと、「ガンガン」というようなアオムネハチクイ独特の声がしばしば聞こえます。何度も行くうちに、この辺りに棲んでいるらしいと言う見当がついて、その辺りで待ち伏せているとたまに姿を現してくれるのですが、とても用心深くて、人の気配を察するとさっと方向転換して去ってしまいます。
 この写真は、赤土の崖に掘られた巣穴を発見して、近くに隠れて待ち伏せて、巣穴の中のヒナ鳥にエサの虫を持ってきたところをようやく撮影できたのですが、この時も、数枚撮影したところで私の存在に気がついて飛び去ってしまいました。私にとっては忘れられない一枚です。

文・写真: 
KHUN MARUT(クン マルッ) 

 

北タイの身近な野鳥 | Top