チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 脂肪遊戯の巻 (233号) manga | 最新 | 日本へ (235号) Mahout Diary >>

ノゴマ (234号) Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2013.01.10 Thursday

 

ノゴマ
和名 ノゴマ
英名 Siberian Rubythroat 
学名 Luscinia calliope

 ノゴマは、北タイには今の季節だけ、北の国から寒さを避けて渡ってくる15センチほどの可愛い野鳥です。
 英名の「真紅のノド」は、例によってオスだけで、雌は地味です。
 昆虫やミミズ、果実などを食べる雑食性で、夏には北海道以北、ロシアなどで産卵、繁殖をするようです。日本では、北海道では良く観察されるようですが、他の地方では渡りの途中で見かけるくらいで、どちらかといえば珍鳥の部類かもしれません。
 今回の写真は、一昨年の11月にフアイ・トゥン・タオ公園の、森林と草原の境目辺りで撮影したものです。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ) 

 

北タイの身近な野鳥 | Top