チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< カンムリアマツバメ (236号) Bird Watching | 最新 | キビタイヒヨドリ (238号) >>

コウライウグイス (237号) Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2013.02.25 Monday

 

コウライウグイス

和名 コウライウグイス
英名 Black-naped Oriole
学名 Oriolus chinensis

 鮮やかな黄色の体、赤い目、赤っぽいクチバシ、後頭部まで回る黒いアイパッチ、などがとても印象的な野鳥です。
 体長25〜26センチくらいで、チェンマイではどこでも見掛けるムクドリ(インドハッカやジャワハッカなど)と同じくらいの大きさです。タイには冬の間だけやってくる渡り鳥で広葉常緑樹の林、公園などまばらに樹木のあるところ、マングローブ林などで見かけます。
 今回の写真は、つい先日、チェンマイ大学メーヒアキャンパス内で、たまたま実っていた木の実を食べに来ていたところを撮影ました。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)  

 

北タイの身近な野鳥 | Top