チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< What's New 2つのスーパーマーケットが新オープン!(248号) | 最新 | 統治者はだれ?(249号) manga >>

焼きバナナ (248号)

カテゴリー: 気になる食べ物 | 2013.08.11 Sunday

 


 タイに住んでいる人にとって、もっとも気にならない食べ物かもしれないが…、今回は「グルアイ・ピン(焼きバナナ)」を紹介しよう。市場や路地の片隅で地味に売られている焼きバナナだが、焼き芋のような香ばしい香りを辺り一面に漂わせて、年配の女性や子供のおやつに根強い人気がある。

 最近、日本ではバナナに豊富に含まれるオリゴ糖が注目されているそうだが、大腸まで達したオリゴ糖は善玉菌の栄養となり、腸内環境が整えられるので、便秘や下痢の解消に役立つのだとか。加熱して食べるとより効果的らしいので、焼きバナナはぴったりの食べ物である。
 タイの焼きバナナは、炭火でじっくりと焼く。長年、焼きバナナを売っている人に聞くと、1時間もかけて焼いているそうだ。想像以上に手間がかかるものらしい。とろ火でゆっくり焼くことで、バナナの糖分がじわじわと表面に浸み出し、甘みが強くなる。七輪でまんべんなく焼かれたバナナは、香ばしさと果物の酸味とが同時に味わえる、素朴だが奥深いおやつなのだ。  (古川節子)

バーンベーカリー(地図D−5)の路地の焼きバナナ屋さん。この道数十年。

 

気になる食べ物 | Top