チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 統治者はだれ?(249号) manga | 最新 | 雨の日は相合傘(249号) >>

キンメセンニュウチメドリ(249号) Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2013.08.26 Monday

 




和名 キンメセンニュウチメドリ
英名 Yellow-eyed Babbler
学名  Chrysomma sinense


 キンメセンニュウチメドリは体長19センチほど、
鮮やかなオレンジ色の目、真っ白いノド、黒いクチバシ、長い尾がとても印象的な野鳥です。
手元の資料によれば、中部タイから北タイにかけて広く分布しているそうですが、
チェンマイ近辺では余り一般的ではないようで、
フアイ・トゥン・タオ公園やチェンマイ大学メーヒア学舎などで時おり見かける程度です。
 ちなみに、チメドリ(漢字では知目鳥と書きます)はスズメ目チメドリ科の野鳥の総称で、
熱帯地方の中心に約280種いるそうですが、
日本には居ないようで、われわれ日本人にはなじみの薄い野鳥ですね。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top