チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 美しいのはどっち? (251号)manga | 最新 | 子供には見える(252号)manga >>

チャバネヤブヒバリ(251号) Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2013.09.25 Wednesday

 


和名 チャバネヤブヒバリ
英名 Rufous-winged Bushlark
学名 Mirafra assamica


スズメ目ヒバリ科に分類される16センチほどの野鳥で、
タイでは南部を除いて広く分布しています。
日本でよく見かけるヒバリとは近い親戚ですが、
チャバネヤブヒバリはクチバシがとても太く、
ヒバリのように上空を飛行しながら囀ることはありません。
また、タイにはヤブヒバリと姿も名前もよく似ている野鳥、
タヒバリがいて、チェンマイ郊外の野原などでよく見かけます。
タヒバリは地表にいることが多いですが、チャバネヤブヒバリは木の枝や電線など、
地表よりも高いところが好きなようです。
なお、タヒバリは、なぜかヒバリ科ではなくてセキレイ科に分類されています。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top