チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 悲しい象キャンプの巻(256号)manga | 最新 | ミャンマー情報(256号) >>

カノム・カーオポート(256号)

カテゴリー: 気になる食べ物 | 2013.12.11 Wednesday

 




 ナイトバザールの裏側で毎週開かれている、
金曜日の朝市「タラート・バーンホー」でみかけた、
チェンマイではちょっと珍しい食べ物。
 中華系ムスリムの人が七輪でジュージューと焼いて(揚げて?)いる、
黄色いパンケーキのようなもの…。
 この黄色い食べ物の原料は、トウモロコシ。
トウモロコシの粉に小麦粉を少し混ぜ、水と砂糖を加えて、
油を多めに敷いた鉄板で焼いただけ。
 タイ語で「カノム・カーオポート(とうもろこしのお菓子)」、
何語かは分からないが、「イームー・パーパー」という不思議な響きの別名もある。
 実に素朴なお菓子だが、女性のファンが多いようで、
順番待ちをしているお客さんは、ほぼ全員女性。
もちもちとした歯ごたえと素朴な味が人気の秘密だろうか。
 市場の入口と、中でサラパオ(肉まん、あんまん)を売っている屋台の2軒で売られている。
ひとつ10バーツ。できたてのアツアツをどうぞ。 (古川節子)





並んで待つ女性客。

 

気になる食べ物 | Top