チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ヒメカザリオウチュウ(258号)Bird Watching | 最新 | さくら寮日誌 チェンラーイの日本祭り(258号) >>

花梨(カリン)(258号)

カテゴリー: 気になる食べ物 | 2014.01.11 Saturday

 



  またまた、金曜日の朝市タラート・バーンホーで
気になる果物が売られていた。
 目が覚めるようなきれいな黄色。
 リンゴのような甘い香り。花梨だ。
 特集の取材でアルノータイの朝市に行ったときにもこの花梨をみかけた。
 国境を越え、ミャンマーから入ってくるらしい。

 
 日本では花梨のど飴をよく舐めていたのを思い出し、
蜂蜜漬けを作ってみようと思い立った。
 ネットで検索すると作り方がいろいろと出てくる。
 それによると花梨は生のままだと青酸中毒や腹痛を起こす場合もあるが、
砂糖や蜂蜜、酒に漬けると、喉に良い成分に変わるらしい。
 種の部分が薬用成分が豊富なので、
お茶パックなどに入れて一緒に漬けること、と書いてある。
 一見レモンのようだが、実はかなり固く、
切るのに少し手間がかかった。

 2か月経つと、どろりとしていた蜂蜜は
花梨の香りをたっぷり含んださらっとした液体になった。
 寒い日にはお湯で割って飲んでいる。
果たして喉に良いかどうかはまだ分からないが。
              (古川節子)




 

 

気になる食べ物 | Top