チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< コシジロヒヨドリ(266号)Bird Watching | 最新 | ワット・ドーイカム(267号)manga >>

バンケン(267号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2014.05.26 Monday

 



和名  バンケン
英名 Lesser Coucal
学名 Centropus bengalensis


カッコウの仲間で体長38cmほどの、比較的大きな野鳥です。
近隣種のオオバンケンと共に、
タイ全土に分布している留鳥(渡りをしない)ですが、
オオバンケンはバンケンよりも更に大きく、
しばしば体長が50cmを超えます。
チェンマイで「キジを見たよ」という話を時々聞きますが、
それはキジではなくてオオバンケンの可能性が高いと思います。
また、オオバンケンは野原やゴルフ場、公園などで
しばしば目にするのですが、バンケンの方は沼地や池の傍を好む、
ということで、出会える頻度はずっと少ないです。
この写真は3年ほど前に
チェンマイ大学メーヒアキャンパス内の池の傍の草むらに居たのを撮影しました。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top