チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< サンジャク(273号)Bird Watching | 最新 | 臭い夜の巻(272号) >>

インドミツユビコゲラ(274号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2014.09.10 Wednesday

 



和名 インドミツユビコゲラ
英名 White-browed Piculet
学名 Sasia ochracea

 
 体長9〜10cmほどの超小型のキツツキで、
短い尾とズングリムックリな体つきがとても可愛いです。
 英名の通り、はっきりとした白いマユが最大の特徴です。

 資料によると、平地から1800mくらいまでの常緑樹林や竹林に住んでいるとのことですが、
ドーイプイには竹林がたくさんあって、その中で時折見かけますが、
とても小さい体でよく動くので写真の撮影はなかなか大変です。

 ドーイステープ山系で見かけるPiculet(コゲラ)としては、
もう一種アジアヒメキツツキという種がいて、サイズ、体つきは同様ですが、
アジアくんのほうは色合いがたいへん地味です。
ドーイステープ山系ではアジアヒメキツツキの方が見かける頻度がはるかに高いです。

 
文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top