チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 風船事件の巻(280号) | 最新 | チャバネサシバ(281号)Bird Watching >>

キバネヒヨドリ(280号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2014.12.11 Thursday

 



和名 キバネヒヨドリ
英名  Ashy Bulbul
学名 Hypsipetes flavata


タイ全土で30種類以上居ると言われるヒヨドリの仲間です。
体長は20cmくらいで、標高2000m位までの常緑樹林に生息しています。
資料では、山すそにも居るようなことが書いてありますが、
今まで標高1000m以下のところで遭遇した事はありません。
ノドからお腹にかけてが真っ白なこと、羽に大きな黄色のパッチ、
赤い目などが特徴的で、遠くからでもすぐに見分けがつくのですが
ドイステープ山系での生息数はあまり多くないようで、
見かける頻度は余り高くありません。
でも、花の蜜が好きなようで、
桜などの花に寄って来ているところを見かけることが多いです。
(今日の写真も、画面の中には写っていませんが、
花の咲いた樹に寄って来ていたところを撮影させてもらいました)

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top