チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< クロヒヨドリ(283号)Bird Watching | 最新 | ラーンナーのかたち 北タイで見かけたキニナルもの(283号) >>

パリパリ懐かしい食感 カルルスせんべい(chao283)

カテゴリー: 気になる食べ物 | 2015.01.26 Monday

 





日本に一時帰国していた時、スーパーでふと目に入ったお菓子「カルルスせんべい」。
米粉でできた厚さ1ミリほどの極薄のおせんべいだ。
幼い頃、おやつによく食べたのを懐かしく思い出し、
チェンマイに持って帰りたいという衝動に駆られたが、
粉々になるのは見え見えだったので、潔くあきらめた。

チェンマイに戻り、友人の家でこの「カルルスせんべい」が出された時には驚いた。
袋には英語で「JAPANESE RICE CRACKERS」と書かれている。
製造地はソムットサーコン県。味は・・・あの懐かしいカルルスせんべいそのものだった。
パリパリパリパリパリ……。
ものすごい勢いで食べ続ける私の姿に、周りは若干引き気味だったと思うが、
優しい友人は、その後、事あるごとにこのお菓子を買ってきてくれるようになった。
おせんべいの表面には「KOSEN カルルス」と書いてある。
調べてみると、KOSENとはどうやら「鉱泉」という意味らしい。
カルルスせんべいはもともと温泉地で焼かれているおせんべいで、
温泉の湯が入っていて栄養もあるそうだ。
とはいえタイ製のカルルスせんべいの原材料表には、
米粉と砂糖としか書かれていないので、温泉の成分は期待できないと思うが。

 味は「オリジナル」と「バナナ」の2種類。
日本人の好みからすればオリジナルだが、バナナ味もタイらしい味でなかなかいけます。 (古川節子)


【場所】トップス・スーパーマーケットにて
【値段】1袋 49B
【その他】150g 120キロカロリー

※お詫びと訂正
ちゃ〜お本誌では、原材料の「米粉」が「小麦粉」と誤って書かれていました。
ここに訂正し、お詫び致します。・
 

 

気になる食べ物 | Top