チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ソンクラーンの大事件(289号) | 最新 | 特別寄稿 理学療法士としてタイで感じたこと >>

センダイムシクイ(289号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2015.04.25 Saturday

 



和名 センダイムシクイ
英名 Eastern crowned Warbler
学名 Phylloscopus coronatus


センダイムシクイは12−13cmくらいの小型の野鳥で、日本では夏に、タイでは南部で見られる渡り鳥です。
この写真は4月の初旬にドイプイで撮影したもので、日本の方に向かっての旅の途中だったと思います。
タイには非常に沢山の種類のムシクイ(Warbler)の仲間がいるようで、
野鳥図鑑を見るとチョット見には同じように見える沢山のムシクイが載っていて、
ムシクイの仲間を撮影した時には種類の判定に苦労する事がしばしばですが、
センダイムシクイの頭頂部の中心にはハッキリした線があるので、これが判別の大きな助けになります。

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top