チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ご機嫌斜めですか?の巻(290号) | 最新 | ビンズイ(291号)Bird Watching >>

アカガシラサギ(290号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2015.05.10 Sunday

 


和名 アカガシラサギ
英名 Chinese Pond Heron
学名 Ardeola Bacchus

 
 3年ほど前の今時分(4月中旬)のことでしたが、
チェンマイ大学メーヒアキャンパスで、見たことのない野鳥に遭遇しました。

 幸いうまく撮影できて、
「よっしゃ! 今日はおニューを一種ゲット!」
とご機嫌で帰宅したのですが、参考書をいろいろと広げて調べた結果、
なんと! 第8回ですでにご紹介済みの「アカガシラサギ」で、
繁殖期はこういう色に変るのだそうです。

この色なら、「アカガシラサギ」という和名にも頷けますね。
 学名の後半はローマ神話の酒神バッカスで、この色(ワイン色)にちなんでいるようです。
 繁殖期に色の変わる野鳥は少なくないのですが、
ここまで極端に変るのはマレ、ということでご紹介させていただくことにしました。
左側の写真が通常期、右が繁殖期です。

 アカガシラサギは、川や池、水田など、
水のあるところの周辺で良く見かけるサギの仲間で、
タイでは10月頃から4月頃までのあいだだけ見かける渡り鳥です。

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top