チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< タカサゴモズ(295号)Bird Watching | 最新 | ツバメ(297号)Bird Watching >>

サンショウクイ(296号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2015.08.10 Monday

 



サンショウクイ
英名 Ashy Minivet
学名 Pericrocotus divaricatus

タイで出会う可能性のあるサンショウクイ(MINIVET)の仲間は7種ほどですが、
このサンショウクイ(前に何も付かないただのサンショウクイ)を除いてすべてのサンショウクイが
赤やピンク、オレンジ色などでとてもカラフルなのに、
この種だけが地味なモノトーンで、とても同じ仲間とは思えません。
写真の個体はオスで、クチバシの上部から額にかけての広い部分が白いのはオスの特徴です。
当種とRosy Minivet(モモイロサンショウクイ)は乾季の間だけ見られる渡り鳥ですが、
ほかのサンショウクイ(MINIVET)は留鳥です。
ちなみに、赤やピンクの派手な色のサンショウクイはすべてがオスで、
異なる種の特徴の違いが割とはっきりしているのですが、
メスはどの種も(今日のこのサンショウクイを除いて)黄色が主体で特徴の差が少ないので、
オスに比べて種の判別が難しいです。

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top