チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 耳の痛い話の巻(300) | 最新 | 耳の痛い話の巻◆301) >>

ロクショウヒタキ(139号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2015.10.26 Monday

 


和名 ロクショウヒタキ
英名 Verditer Flycatcher
学名  Eumyias thalassina


ロクショウヒタキは スズメ目ヒタキ科アオヒタキ亜科に分類される体長19cmほどの野鳥です。
手元の資料では、北タイでは留鳥、中部タイの一部では(乾季だけの)渡り鳥、とのことですが、
私がこの野鳥に出会ったのはすべて乾季から暑季の始めにかかる頃で、雨季に出会ったことはありません。
同じ亜科に属しDoipui山系でよく見かけるミヤマヒメアオヒタキ(Hill Blue Flycatcher)よりも一回り大きく、
平地から高い山まで、また草原から森林まで、広く分布します。
ロクショウヒタキは私にとって初めての「青い鳥」で、
まだ野鳥の撮影を始めて間もなかった頃ドイステープで始めて見かけて、
「青い鳥」って本当にいたんだ!と感激しましたが、
その時は鮮明な写真は撮れず、
その後何度目かの出会いでようやく鮮明な写真が撮れた時は大変嬉しかったです。

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top