チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ヤマザキヒタキ(304号)Bird Watching | 最新 | 寺の側の村(305号) >>

イソヒヨドリ(305号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2015.12.25 Friday

 



和名 イソヒヨドリ
英名 Blue Rock-thrush
学名 Monticola solitarius


イソヒヨドリは体長15cmほどの野鳥で、
名前から見るとヒヨドリの仲間のようですが、
実はヒヨドリとはまったく別のスズメ目ツグミ科に分類されます。
ユーラシア大陸からアフリカに広く分布していて、
和名のとおり、海岸や岩場で良く見られますが、
それ以外にもいろいろな場所で観察されます。
日本にもいるのですが、タイのイソヒヨドリが乾季の間だけの渡り鳥なのに、
日本のイソヒヨドリは年中見かける留鳥です。
イソヒヨドリにはいろいろな亜種があって、
メスはどの亜種もウロコ模様の目立つ灰色またはうすい茶色で、
かなり地味なのですが、オスの方は亜種によってはけっこう色鮮やかで、
例えば日本で見られる亜種は上半身が青灰色、腹部が赤褐色で、
タイで見られるオスよりもずっとおしゃれです。

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top