チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ネコが来た(320号) | 最新 | カイツブリ(321号)Bird Watching >>

キュウカンチョウ(320号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2016.08.10 Wednesday

 

和名 キュウカンチョウ(九官鳥)
英名 Hill Myna
学名 Gracula religiosa

 

人間の声や電話の呼び出し音など、色々な音を器用に真似ることでよく知られた野鳥です。
タイではスズメやカラス並にありふれた野鳥である Common Myna(インドハッカ)や
White-vented Myna(オオハッカ)と同じようにムクドリの仲間ですが、
キュウカンチョウはハッカよりも一回り大きく、

クチバシの赤いこと、首の後ろに黄色いエリマキを
巻いていること、などですぐに見分けられます。
以前はタイ全土で良く見られたようですが、

乱獲のために数が少なくなって、
野生のものは滅多に見られないようです。
私も2008年3月にドイプイで見かけてこの写真を撮影したのが最初で最後で、
今考えるとその時に失敗せずにちゃんと撮影できたのはとても幸運だったと思います。
ちなみに、インドハッカやオオハッカも、

キュウカンチョウほど上手ではありませんが、色々な音を真似ることが出来ます。

 

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

北タイの身近な野鳥 | Top