チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 妊婦編 はじめの第一歩の巻(142) | 最新 | セッカ(329号)Bird Watching >>

スミレテリカッコウ(328号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2016.12.10 Saturday

 

 

 

和名 スミレテリカッコウ
英名 Violet Cuckoo
学名 Chrysococcyx yanthorhynchus

 

スミレテリカッコウはカッコウ科テリカッコウ属に分類される野鳥で、

インド、バングラデシュからタイ、ベトナム、インドネシア、フィリピンなどの東南アジアに分布し、
タイでは、東北部(イサーン地方)を除く全土で見られます。
体長は17cmほどで、渡りはしません。

ほかの殆どのカッコウの仲間と同様に、

あごから腹部まではっきりした横縞があります。
オスは、名前の通り直射日光の下では紫色とブロンズ色の混じった金属光沢が美しいのですが、
日陰や曇り空の下では黒っぽく見えるだけで鮮やかには見えません。
今回の写真はメスで光り輝く美しさはありませんが、

オスだけが鮮やかな野鳥の多い中で、

メスとしては結構色鮮やかな方ではないかと思います。
よく知られていることですが、カッコウの仲間は、

他の種類の野鳥の巣に卵を産んでその野鳥に育てさせる習性(托卵)があります。

 

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top