チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< スミレテリカッコウ(328号)Bird Watching | 最新 | 稲刈りの後 (327) >>

セッカ(329号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2016.12.25 Sunday

 

和名 セッカ
英名 Zitting Cisticola
学名 Cisticola juncidis

 

 

セッカはスズメ目セッカ科に分類される

体長11−13cmほどの小型(スズメよりも小さい)の野鳥で、
主に草原で見られ、白い長い眉と頭部の縦じまが特徴です。
アフリカ、ヨーロッパ南部、インド、東南アジア、

中国南部、台湾、日本、オーストラリア北部に広く分布し、
タイでも全国的に生息しています。
渡りはしないものが多いようですが、

寒い地方に住むものは冬になると暖かい地方に移動するようです。
よく似た野鳥に「タイワンセッカ」(第82回にご紹介済みです)がいますが、

こちらはマユがなく、

また繁殖期には頭部が明るいオレンジ色に変わります。

 

 

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

 

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top