チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ズグロコウライウグイス(333号)Bird Watching | 最新 | 苺(334) >>

マミジロマルハシ(334号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2017.03.10 Friday

 

和名 マミジロマルハシ
英名 White-browed Scimitar Babbler
学名 Pomatorhinus schisticeps

 

マミジロマルハシは、AOUではチメドリ科アカガシラチメドリ亜科マルハシ属に
分類される野鳥ですが、チメドリ科の分類には諸説があり、
アマチュアにはお手上げです。
体長は21−23cmくらいで、標高2000mくらいまでの
広葉常緑樹林・草原などに住む留鳥で、名前の通り白い長いマユが特徴のひとつです。
ギャッ、ギャッともゲーッ、ゲーッ、とも聞こえる、お世辞にも美声とは云えない
大きな声で鳴きますが、チメドリ類の常として、声はしばしば聞くものの、
姿はなかなか見せてくれません。
この写真を撮影した日は、二羽のマミジロマルハシが当分の間追いかけっこをしていましたが、
繁殖行動だったのでしょう、警戒心が薄くて割と容易に写真を撮らせてくれました。
その間一羽がずっとクモを咥えておりましたが、求愛のためのプレゼントだったのかも
しれません。

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top