チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< イソシギ(336号)Bird Watching | 最新 | クリビタイモズチメドリ(338号)Bird Watching >>

カンムリオオタカ(337号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2017.04.25 Tuesday

 

和名 カンムリオオタカ
英名 Crested Goshawk
学名 Accipiter trivirgatus

カンムリオオタカはコウノトリ目タカ科に分類される野鳥で、体長は40−46cm、
標高1800m位までの常緑・落葉樹林に棲み、渡りはしません。
名前の由来になる冠羽は、幼鳥では顕著ですが

成鳥になるとあまり目立ちません。
第160回(2016.09.10号)でご紹介したShikra(タカサゴダカ Accipiter badius)も

同じくオオタカ(Accipiter)の仲間です。
どちらもチェンマイ大学メーヒア学舎で撮影しました。
ちなみに、タカ科の分類については学者の間でも諸説があり、

標準的な分類法もDNA分析の進歩などによって
たびたび変更があって、アマチュアにはなかなか理解が難しいです。

 

 

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

 

 

 

 

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top