チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< クリビタイモズチメドリ(338号)Bird Watching | 最新 | 妊婦編不安定な日々の巻 >>

ハイガシラホンセイインコ(339号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2017.05.25 Thursday

 

和名 ハイガシラホンセイインコ
英名 Grey-headed Parakeet
学名 Psittacula finschii

 

ハイガシラホンセイインコはオウム目(インコ目とも呼ばれる)

インコ科に分類される体長35ー40cmほどの野鳥で
北タイに広く分布しています。
オスは首に黒い輪があって、それを境に頭部が濃い目のグレー、胴体部は緑色なのですが、
メスは頭部のグレーが薄く境界もはっきりしません。

と言うことで今回の写真はメスです。
インコ、オウムの仲間はどれも、木の実を割って食べるためでしょうか、

非常に大きく頑丈なくちばしと太い足を持っています。
また、人の声やほかの鳥の声などを上手に真似ることでも知られています。
本種と近縁のワカホンセイインコは日本で野生化していて、

東京などの都会でも群れが良く目撃されるそうです。

 

北タイの身近な野鳥 | Top