チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< カレン族のお菓子(340) | 最新 |

インドコキンメフクロウ(340号)Bird Watching

カテゴリー: 北タイの身近な野鳥 | 2017.06.11 Sunday

 

 

和名 インドコキンメフクロウ
英名 Spotted Owlet
学名 Athene brama

インドコキンメフクロウは体長20cmほどの小型のフクロウで、

白い大きな眉が目立ちます。
古い木の洞などに棲みますが、

人間をあまり恐れないようで、人家の近くでも良く見かけます。
第38回でご紹介した

オオスズメフクロウ(Asian Barred Owlet 体長23cmくらい)と良く似ているのですが、
オオスズメ君はけっこうシャイなので森や林の中でしか見かけません。
手元の資料によると、

オオスズメ君は南部タイを除くタイ全土にたくさん棲んでいるのに比べて、

インドコキンメ君の棲むのは中部タイが中心で、

北タイにはあまり居ないらしいのですが、

なぜかチェンマイ大学メーヒアキャンパスではしばしば見かけます。

 

文・写真: KHUN MARUT(クン マルッ)

 

 

北タイの身近な野鳥 | Top