チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ロングステイの光と影(One-Two Chiangmaiより) | 最新 | ロングステイの光と影 >>

泰日家族定住者との連携

カテゴリー: ロングステイの光と影 | 2007.05.20 Sunday

 

 チェンマイ・チェンライを中心にして北タイ各地には、タイ人の配偶者を得て定住しておられる日本の方は、予想よりけっこうな数でおられるようです。夫婦だけ、あるいは家族で、しっかりと地元に根をおろして暮らしておられます。
 そのような方で3年以上もなりますと、配偶者のタイ人を通じて当地での日常生活の様々なことを会得できてきます。つまり、地元タイ人の日常生活の視点でのものの見方や考え方なりを肌で実感できるようになるのです。
 例をあげますと、貸し家・貸し部屋の相場、自動車・バイクの購入・保険等の手続きや修理屋、病院での受診治療料、美味しく安い屋台や店、交通事故時や家主とのトラブルの処理方法、電気ガス水道電話料などなどです。なんといっても、配偶者がタイ人なのですから、当然と言えば当然なことです。
 一方で、日本から視察や滞在にやってきたロングステイヤーは、異国で中長期滞在するのに大きな不安材料をたくさん背負っており、できれば長年住んで事情通の日本人からの、親切で適切なアドバイスを切望しています。
 となると、配偶者がタイ人の泰日定住者側が、ロングステイヤーに各種の生活情報をアドバイスしてあげられるならば、ロングステヤーも無駄な金を使わず、なによりもより安心して長期滞在を楽しめることにもつながるのではないでしょうか。
 しかし、実際はどうでしょう。ロングステイヤーはついつい自分たちだけで集まって、その囲いのなかで情報交換している傾向が大きいようです。それはそれで大いに便利で意義はあるでしょうが、得てして日本的「村社会」のお付き合いになりがちでもあると思います。毎日の大半が、日本語での生活を送れるので、それはそれで便利で居心地の良さを感じる方もおられるでしょう。
 せっかく異国のチェンマイに来たのですから、現地の人の生活や現地の伝統や歴史や文化に、いささかなりとも興味や関心を向けてもらいたいものです。そのようなロングステイヤーの方がおられるならば、配偶者がタイ人の泰日定住者の方との積極的なお付き合いを求め、よきアドバイスを得られるように無理のないお付き合いをするのも、一つの方法であると思います。
 しかし、泰日定住者の中にもピンからキリまで多様な方がおられます。ごくごく一部ですが、長年在住して事情通を前面に出して信用させ、新参のロングステイヤー相手に巧妙にペテンにかけて、あぶく銭をせしめようと目論んでいる懲りない定住者もあります。もっとも、どこの国でも、日本人が日本人を食い物にしようと巧妙に立ち回っているベテラン在住日本人は陰に陽に徘徊しているようです。チェンマイとて決して例外ではないということです。いや、残念なことですが、むしろ多い部類であるとの悪評が先行しているともいえます。
 ロングステイに関して、歯の浮くようなバンザイ情報がたくさん入ってきます。それはそれとして、「ビジネス」や「金儲け」には必要なCM文言だと割り切る賢明さも必要です。それよりも、ロングステイの影(マイナス)の情報を早く知る賢明さが重要ではないでしょうか。

(45号掲載)

ロングステイの光と影 記事タイトル一覧へ

 

ロングステイの光と影 | Top