チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< 危うさいっぱいの人紹介 | 最新 | ロングステイの呪縛から逃れて、ロングステイよりショートステイを! >>

増加する単身ロングステイ

カテゴリー: ロングステイの光と影 | 2007.05.20 Sunday

 

 海外ロングステイ先として注目を集め、人気上昇中のチェンマイ。確かに最近は、街角や有名スーパーで見かける年配の日本人が、急増している感がする。その急増するロングステイヤーだが、ご夫婦でのロングステイヤーは意外にも微増で、年配以上の単身ロングステイヤーが急増しているようである。ひと口に単身ロングステイといっても、実に様々な経過と背景を背負っており、一概にひとまとめにできない複雑さがあろう。以下に、一応タイプ別に分けてみたのだが、ロングステイの範疇におさまりきれないタイプもあろう。その単身ロングステイヤーにも様々なタイプが見受けられる。

1.最初はご夫婦ロングステイだったが、奥さんが帰国して夫単身ロングステイになった。

2.最初から奥さんの承諾で、期間限定(?)単身ロングステイ。

 これは、日本とチェンマイの2箇所で生活拠点を持つことになり、夫や奥さんの日本との行き来の回数も少なくない。となると、航空運賃がかなりの出費になるだろうから、ある程度経済的な余裕がないと行えないだろう。4月前後のチェンマイの酷暑季などは、日本でうららかな春を満喫する方も少なくないなど、傍目からは、ちょっと恵まれた羨ましいロングステイともいえる。

3.離婚・死別などして身軽、あるいはずっと独身の方の単身ロングステイ、リピート・ロングステイ。

 この大半は年配以上の男性。このタイプが意外に多いことに気づかされる。そしてさらに大別すると、すでに日本の兄弟親戚とは疎遠になって日本に帰る必要がなくなった方、年老いた親の面倒などでたまには日本に帰る必要がある方。それに、数ヶ月おきに、数ヶ月滞在するリピーターの方。
 このタイプは、日本とは疎遠になったり、ある意味で縁を切ったような身軽さ。単身となると、住むには格安なワンルームでもいっこうに構わない。否、独り暮らしなら、そのほうが落ち着く可能性が高い。人知れずひっそり暮らすなら、月3千バーツ以下の部屋でも我慢できるだろう。つまり、見栄を張りさえしなければ、住居費は驚くほど安くつく。となると、諸物価の安いチェンマイは、それこそ単身者天国に近いかもしれない。節約すべきところを節約すれば、月々の生活費は多くなくとも、そこそこいろんな趣味や遊びにある程度興じることもできる、いわば麻薬的魅力がチェンマイには大いにある。年齢層で大別すると、50代で退職して貯金を少しずつ崩しての年金待ち組。60代以上で、ある程度の、あるいは多くない年金で暮らす組。年金など関係なしに、今まで貯めた金や株の運用(このタイプが意外とおられる?)などで暮らす組などとなろう。 このタイプは単身なので、男の場合はどうしても、現地の女性をいろんな形で求める場合が多くなるのは、止むを得ないのかもしれない。その結果、相手の女性と、金銭面でのトラブルを起こす場合も少なくない。

 このように男性がほぼ占めるであろう単身ロングステイこそ、チェンマイ・ロングステイの大きな割合を占めているであろうことが、容易に推測される。単身ロングステイの蜜を求めて、今後は爆発的に増加していくのではないだろうか。団塊世代の定年を数年後にやってくるのだが、そのときに急増するのは、間違いなく年配男性の単身ロングステイではなかろうか。夫一人、離婚・死別などして身軽、あるいはずっと独身の年配男性には、チェンマイは天国に違いないだろう。だが、パンドラの箱に変わる可能性も大いにあるだろう。 

(68号掲載)

ロングステイの光と影 記事タイトル一覧へ

 

ロングステイの光と影 | Top