チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ラフ・ニ族のお正月(3) | 最新 | ラフ族のお葬式(2) >>

ラフ族のお葬式(1)

カテゴリー: タイの山岳民族(三輪隆) | 2007.05.21 Monday

 

 ラフ・ニ族では、村人が亡くなると、村をあげて葬儀をとりおこなう。特に最終日(埋葬の日)は、村の各戸から必ず一人は参列し、埋葬や炊き出しなど葬儀の各作業に協力することが義務である。また、どの家も葬儀が終わるまで農作業などに出かけてはならない。
 亡くなってから埋葬までの日数は、その人の年齢や生前の地位、喪主の懐具合、また埋葬に適した日より(十二支の中で吉凶がある)によって、2日から1週間と幅がある。地位の高い人や交際範囲の広かった人、また兄弟や親戚が広いエリアに分散している場合、葬儀の日取りを知らせに行くための時間も見ておかねばならないからだ。
 アニミズムを信仰するラフ族の伝統では、通夜の間は、亡骸は棺桶に入れず、毛布にくるんだ形でそのまま家の中の居間に安置される。しかし最近では衛生的な観点から、防腐剤を注射したり、密封可能なタイ式の棺桶が使用されることも多くなった。立派な棺桶が使われる場合でも、棺に入れて埋葬することはできず、直前に燃やされてしまうのだが。
 以前、さくら寮生でナハさんという名のラフ族の少女が亡くなったときも、本人の生前の希望で、市販の白い棺桶を使ったのだが、通夜の席、一人であの世に行くのは寂しいだろうからと、さくら寮生全員で撮った記念写真を棺の中に入れようとしたら、ラフ族の人たちからたしなめられた。ラフ族では、生きている人の写真を入れることは、その人たちの魂も霊の世界に招かれてしまうことになるので、タブーなのだそうだ。写真に限らず、ラフ族では遺品や死者への捧げものを棺に入れて埋葬する習慣はなく、ほとんどすべての遺品は墓地などで焼かれてしまう。
 通夜の間、死者の枕もとには生米、ろうそく、お菓子、香典のお札などが供えられる。また亡骸のおなかのところで組まれた腕の上あたりに、鶏の羽がおかれる。死者には毎朝、鶏肉をおかずにしたご飯が供えられる。
71号ラフ族のお葬式。 出棺は日の高い正午頃に行われる。出棺のとき、竹で組まれた簡易な棺(担架のような形状のもの)が組まれ、それに遺体をのせて籤でくくりつける。ラフ族では死者は生者の使う入り口から出られないので、玄関のドア近くの壁をぶち抜き、そこから棺を外へ出すという風習がある。(もともとラフ族の家の壁は割り竹で作ってあるので壁を破壊してぶち抜いたとしても、あとの修復も簡単なのだが、最近ではしっかりとしたタイ風の作りの家も増えてきたので、やむを得ず通常のドアから出す家も増えてきた)
 出棺のときは派手に大量の爆竹が鳴らされる。そして先頭には白いのぼりをつけた竹、そして遺品などが入った籠を背負った人が先導し、数名の男たちが竹の棺を肩にかついで数キロはなれた山道を上っていくのだ。墓地まで野辺送りするときは集落内の他の民家の玄関の前を横切ってはいけないので、裏道を通らねばならない。
 死者が生前着ていた衣類や毛布などの遺品は、墓地へ向かう途中、山道へ入るあたりの路傍で火をつけて燃やされる。
71号 ラフ族のお葬式。 墓地は通常集落の近くの小高い丘の上にある。ずっと上り坂の続く急な斜面を何キロも登っていかねばならず、棺を担ぐ男たちはさぞかし疲れることと思う。


(71号掲載)

タイの山岳民族 タイトル一覧へ

 

タイの山岳民族(三輪隆) | Top