チェンマイ発・ちょっとディープな北タイ日本語情報誌CHAO『ちゃ〜お』は毎月10日、25日に発行。本文へスキップ

<< ヤオ語(ミエン語)入門 | 最新 | モン族のろうけつ染め >>

カレン語学習会

カテゴリー: タイの山岳民族(三輪隆) | 2007.05.21 Monday

 

87号 カレン語学習会1 カレン族の自称は「プヮクニョー」である。「人」という意味だ。
 実を言うと私はカレン語が話せない。昔、2週間ほどカレン族の女の子から習ったことがあるが、すっかり忘れてしまった。だから今回は講座と銘打つのもおこがましいので、「学習会」である。間違いがあったら御免。以下のボキャブラリーは、さくらプロジェクトのスゴー・カレンの女性スタッフから採取したものである。彼女はチェンライ県のルアミット村の出身であるが、スゴー・カレンとポー(プー)カレンとでは当然言葉が違うし、また同じルアミット村内でのスゴー・カレン同士でも、出身地によって一部の語彙や発音が異なるそうだ。メーホンソン県、ランパーン県、チェンライ県などでもそれぞれ方言の違いがあるとのこと。
 言葉の響きはやさしく、少しビルマ語の響きに似ているような気もする。否定文には「トゥ」をつけ、最後に「バ」をつける。

私「ヤー」 あなた「ナー」 彼「アヴェダ」
これは何ですか?「タトゥカイ ムガロ」 
あなたは誰ですか?「ナー ヌーケ ムガロ」
あなたの名前は何ですか?「ナー ヌー ミー ルゥ ムガロ」または「ナー ミー ディロ」でも通じる。
私の名前は・・・す。「ヤー チュ ミー ルゥ・・・」
年はいくつですか?「ナー ヌー ニー プゲ ニーロ」
こんにちは「オー チュワ」
ありがとう「ターブリュ」 
どういたしまして「トゥバ ノミ バ」
どこへ行きますか?「レ プロ」または「レ スロ」
町へ行きます「レ ルゥー ヴェプー」 
遊びに行きます「レ ハ」 家に帰ります「ケルドゥ」
ご飯を食べる「オ メ」 
もうご飯を食べましたか?「オ メ リャ」
水を飲む「オ ティ」 
酒を飲む「オ スィ」
お腹がすいた「タモ オ サミ」 
お腹がいっぱい「レ オ リー」
父 「パー」 母「ムー」 祖父「プ」 祖母「ピー」 
息子「ポークゥー」 娘「ポームー」 
兄「ヴェチョ」 姉「ヴェノ」 弟、妹「プー」または「ケ」
夫「ワー」 妻「マー」 恋人「タープードー」
もう恋人はいますか?「ナー タープードー オ リャ」
おいしい「グイ」 
まずい「トゥグ グイ バ」
美しい「グゥエー」 
暑い「タコー」 寒い「タグー」 冷たい「クリー」
目「メクリー」 鼻「ナデー」 耳「ナー」 口「タコー」 手「チュ」 足「コー」
豚「ト」 鶏「チョ」 牛「タト」 水牛「プナー」 馬「クセー」 
犬「チョイ」 猫「サミニョー」 
山「クチュー」 田んぼ「チー」 畑「クゥ」 川「ティグロー」
米「メ」 とうもろこし「ブケ」 野菜「サバド」 果物「タサー」
パパイヤ「ムクティー」 バナナ「スクゥイ」 マンゴー「スーコー」

87号 カレン語学習会2 ちなみに、カレン族が求婚するときは、かつては女性の側から男性の側にプロポーズに行くという慣わしがあったが、現在では男性側からの求婚も普通に行われているとのことだ。



(87号掲載)

タイの山岳民族 タイトル一覧へ

 

タイの山岳民族(三輪隆) | Top